「選挙前に補正予算」与党苦戦の歴史 過去3回は退陣 - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

「選挙前に補正予算」与党苦戦の歴史 過去3回は退陣

(更新) [有料会員限定]

公明党が物価高騰への緊急対応策として夏の参院選前に2022年度補正予算を編成するよう主張し始めた。大型の国政選挙直前に経済対策として補正予算を成立させた過去4回はいずれも与党が苦戦し、3回は政権が退陣に追い込まれた。政府・自民党には慎重論が根強い。

公明党の石井啓一幹事長は1日の記者会見で「最悪の事態に備えてこの国会で補正予算編成が必要だ」と言及した。前日の3月31日も山口那津男代表が「歳出が膨...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1251文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません