/

この記事は会員限定です

コロナ下の供給網、多様化が必要 アジア経済研・早川氏

コロナと闘う経済学Ⅱ(3)

[有料会員限定]

――サプライチェーン(供給網)の混乱で世界の貿易に一部停滞がみられます。

「新型コロナウイルスの感染者増が貿易に与える影響は3つの側面に整理できる。日本の自動車輸出を例にとれば①米国など日本から車を買う輸入国の需要減少②日本での感染対策強化や労働力減少に伴った輸出国の生産力低下③アジア各国からの部品供給が遅れるなどサプライヤー国の輸出遅延――となる」

――それぞれ具体的にはどのような影響があった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り864文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン