/

半導体工場建設を補助 関連法施行

先端半導体の工場建設を後押しする改正関連法が1日、施行された。生産施設を国内に設ける企業の計画が一定の要件を満たせば、必要な費用の最大2分の1を補助する。台湾積体電路製造(TSMC)による熊本県での工場新設が、初の支援対象となる見通しだ。

支援するのは先端のロジックやメモリー半導体の工場で、生産を10年以上続けることなどが要件となる。企業は1日以降、工場の整備計画を政府に申請する。改正関連法は昨年12月に成立した。

高性能な半導体の確保は国家的な課題となっている。政府は人材育成や研究開発でも支援を進める考えだ。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません