/

この記事は会員限定です

予備費、際立つ膨張 制度の趣旨逸脱の懸念

[有料会員限定]

国会の審議を経ず、政府の判断で拠出できる予備費のあり方が議論になっている。政府が4月下旬に決めた6.2兆円規模の物価高対策は、2022年度予算で用意した予備費を財源にする奇策が使われた。素早く経済対策を打つ姿勢は好ましいとしても、国会審議をスキップして財源をやり繰りする手法は予備費の本来の趣旨から逸脱していないか懸念が残る。

今回の物価高対策の財源の柱は22年度予算の予備費5.5兆円から取り崩し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り532文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

国費解剖

財政が悪化する中、危機対応や経済成長を名目に膨らむ歳出には無駄が潜んでいます。不透明な国費の使われ方を解剖します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン