/

この記事は会員限定です

各党首、選挙戦「最後の訴え」 31日に衆院選投開票

[有料会員限定]

第49回衆院選は31日に投開票を迎える。与野党の党首は選挙戦最終日の30日、終盤の情勢分析などを踏まえて全国各地の重点区に相次ぎ入った。接戦になっている小選挙区での党公認候補の応援、人出が多い首都圏などでの比例代表票の掘り起こしなどに力を注ぐ。

岸田文雄首相(自民党総裁)は30日、首都圏の計9カ所で街頭演説する日程を立てた。いずれも自民の候補が野党と競り合う選挙区とみる。午前に埼玉県東松山市での...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り518文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン