/

この記事は会員限定です

空港を脱炭素化、国有地で太陽光発電 法案閣議決定

[有料会員限定]

政府は1日、脱炭素化に向けて空港の活用を促すため航空法や空港法などの改正案を閣議決定した。国が所有する空港周辺の土地・建物に太陽光発電パネルなどを設置できるように認める。空港を再生可能エネルギーの発電基地として生かす。法案が成立すれば、年内の施行をめざす。

空港周辺で使われていない土地や、国の管制塔、庁舎などの建物を民間事業者や自治体に貸し付けられるようにする。国有の土地・建物の民間活用は厳しく...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り277文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン