/

この記事は会員限定です

めざせ1日100万回接種 「64歳以下に余剰分」広がる

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルスワクチンの接種の対象者を広げる動きが出てきた。これまで医療従事者と高齢者を優先してきたが、余ったワクチンを有効活用する医療機関や高齢者接種完了後に64歳以下に打つ自治体もある。政府は1日100万回の接種体制をめざしており、柔軟な運用を促して接種を加速する。

都内に複数の診療所を持つクリニックフォアグループ(東京・港)は患者向けのメールで「あまりのワクチンが生じた際に、接種のご協力...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り825文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン