/

この記事は会員限定です

「ブラック在宅」どう回避 5割が通常勤務より長時間に

2年目の在宅勤務(中)

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

「もう少し見やすくレイアウトを変えて」。都内のメーカーに勤める20代の男性は3月、上司から翌日のオンライン会議に使う資料に関する指摘を電話で受けた。この日は在宅勤務で午後6時に仕事を終えていたが、電話があったのは午後11時をすぎていた。「在宅になってから深夜対応が多くなった」と話す。

新型コロナウイルスの感染拡大で突如広がった在宅勤務。企業によっては不慣れな面もあり、上司や部下と離れた場所で仕事を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り931文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン