/

この記事は会員限定です

脱炭素の挑戦、厳しい現実〈混迷2021〉

日本「30年度に13年度比46%減」 米に呼応、政策詰めは後回し

[有料会員限定]
2021年、新型コロナウイルスの変異型が猛威を振るい、菅政権が退陣、岸田政権が発足した。加速する脱炭素の挑戦、米軍のアフガン撤収完了、多様性を示した東京五輪……。国内外を大きく揺さぶったこの1年のニュースを振り返る。

脱炭素の流れが世界で加速した1年だった。日本は2030年度の温暖化ガス排出量を13年度から46%減らす野心的な目標を立てた。世界は産業革命前からの気温上昇を1.5度以内に抑えることで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3612文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン