/

この記事は会員限定です

新興国債務、1京円超え 「利上げで経済失速」に現実味 

[有料会員限定]

新型コロナウイルス対策への財政支出などで新興国の債務が一段と増えている。2021年9月末時点で92.6兆ドル(約1京500兆円)と、感染拡大前の19年末に比べ2割増えた。前年比の伸び率は10年以降おおむね7%以下に収まってきたが足元では1割超だ。物価上昇を受けた利上げが、回復が遅れる新興国経済をさらに押し下げる悪循環が現実味を帯び、世界経済の大きなリスク要因になりつつある。

世界全体の債務は民間...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1536文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン