/

復興相、資産記載漏れで謝罪 資料は訂正

西銘恒三郎復興相は28日の記者会見で、2021年12月に公表した資産公開の資料に保有株式の記載漏れがあったことを謝罪した。27日に訂正した。「今後とも大臣として適切に対応していきたい」と述べた。

判明した経緯について「(週刊誌による)取材を受けて確認したところ保有が判明した」と説明した。25年ほど前に株式を取得したが「国会に来る前に譲渡したと思っていた」と話した。経済産業副大臣などを務めたときにも保有していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン