/

「円安はデメリット」中小の5割超 日商調査

日本商工会議所は28日、円安が中小企業の業績に与える影響に関する調査結果を発表した。足元で進む円安について「デメリットの方が大きい」と回答した企業は53.3%と半数を超えた。円安が輸入する原材料や燃料の価格高騰に拍車をかけ、建設や小売りなど輸入依存度の高い中小企業の経営に打撃となっている。

足元の円安をテーマにした調査は初めて。4月13~19日にかけて全国の商工会議所の会員企業約2000社から回答を得た。

デメリットが大きいと答えた企業があげた具体的な影響は「原材料、部品、商品等の仕入れ価格の上昇に伴う負担増」が80.7%で最多だった。「燃料・エネルギー価格の上昇に伴う負担増」が73.6%、「仕入れコスト上昇分を販売・受注価格へ転嫁できず収益悪化」が48.5%などと続いた。

「メリットの方が大きい」との回答は1.2%にとどまった。機械メーカーなど輸出の多い企業が中心だったという。「メリットもデメリットもない」は18.6%だった。日商は「今後も円安基調と物価上昇の継続が見込まれる中、中小企業経営は厳しい状況が続く」と見込んでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン