/

この記事は会員限定です

給与デジタル払い、23年4月解禁 25年ぶり振込先拡大

[有料会員限定]

厚生労働省は28日、給与をデジタルマネーで受け取れるようにする労働基準法の改正省令を公布した。2023年4月に施行する。給与の振込先が広がるのは25年ぶり。受け取ったデジタルマネーをそのまま買い物に使うといったことができるようになる。口座残高の上限を100万円とするなどの制限があり、利便性向上に課題を残す。

企業などによる給与の支払いは労働基準法で通貨(現金)払いが原則と定められている。1975...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り765文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません