/

接種対象年齢、週明けにも引き下げ ファイザーワクチン

(更新)

田村憲久厚生労働相は28日の閣議後の記者会見で、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンの接種対象年齢について、同日の厚労省審議会で安全性や有効性が確認されれば、早ければ31日にも現行の16歳以上から12歳以上へ引き下げるよう添付文書が改訂されるとの見通しを示した。

田村氏は「予防接種の中に位置付けられれば、お子さんにも接種をいただきたい」と述べた。

米食品医薬品局(FDA)はすでに12~15歳への接種許可を発表している。ファイザーは日本でも対象年齢拡大に向け、国の審査機関「医薬品医療機器総合機構(PMDA)」に改訂を相談していた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン