/

節電ポイント、8月に開始 経産相表明

think!多様な観点からニュースを考える

萩生田光一経済産業相は28日の閣議後の記者会見で、節電に協力する家庭にポイントを付与する事業を8月中をめどに始めると明らかにした。夏や冬に電力の需給が逼迫する際に、需要を抑える新たな対策とする。

電力会社の節電プログラムに参加する家庭に2000円分のポイントを付与する。萩生田氏は「一番厳しいのは今年の冬」として「プッシュ型で節電をお願いできる仕組みは今後も重要になる」と述べた。

6月としては歴史的な暑さで東京電力管内の電力が足りなくなる恐れがあり、経産省は電力需給逼迫注意報を継続している。特に見通しが厳しい午後3~6時に節電を求める。

萩生田氏は「夕方を中心に厳しい需給が想定される。電力消費量の多い電気ポットや乾燥機の使用を控えるなど協力をお願いしたい」と国民に呼びかけた。「これだけ暑いのでエアコンはしっかり使ってほしい」と付言した。

萩生田氏は「電力の安定供給の責任は政府にある」と認めた。太陽光の余剰電力をためる蓄電池の開発や気象庁と連携した需要予測の精度向上などに取り組む考えを示した。

経産省は電力不足で停電の危機が迫った場合に緊急で警報を発令し、企業や国民に節電に関する具体的な数値目標も示す方針だ。日中は太陽光の電力で需給が緩む。気温が高いまま夕方に日が傾いて太陽光の発電量が減ると逼迫しやすい。

今後も綱渡りの状況が続く。気象庁が午前11時に発表した予想では、28日の東京の最高気温は34度、29日から7月1日にかけて35~36度になる可能性がある。東京電力ホールディングス東北電力北海道電力の各送配電会社は、電力の余裕を示す予備率が29日にそれぞれ5%を下回る見通しとなったため「需給逼迫準備情報」を出している。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン