/

太陽光買い取り9.5円、事業用23年度案 初の10円未満

経済産業省は再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)で、事業用の太陽光発電の2023年度の買い取り価格を1キロワット時あたり9.5円にする方針だ。22年度の10円から0.5円引き下げ、初めて10円を切る。買い取り価格を引き下げ、価格競争力をつけるよう促す。

28日に調達価格等算定委員会を開いた。23年度の再生エネについて電源別の買い取り価格の案を示し大筋で了承された。3月末までに正式に決める。FITに認定された発電所の電気は電力会社が主に20年間、固定価格で買い取る仕組みだ。

事業用太陽光の23年度の買い取り価格は出力50キロワット以上250キロワット未満で1キロワット時あたり9.5円とした。22年度から0.5円引き下げる。10キロワット以上50キロワット未満は22年度から1円下げて10円。10キロワット未満の住宅用は1円下げて16円とする。

50キロワット以上250キロワット未満で10円を下回るのは初めて。FIT制度を導入した12年度は40円だった。25年度に7円まで下げることをめざしている。

22年度は250キロワット以上1000キロワット未満の太陽光であれば、安い価格で発電する事業者から順番に買い入れる入札で買い取り価格を決める。ただ、既築の建物の屋根に太陽光パネルを設置する場合は入札の対象外とし、1キロワット時あたり10円で買い取る。企業の工場や倉庫の屋根への設置を促す狙いだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン