/

茂木氏、ガザ緊急支援伝達 パレスチナ自治政府外相に

茂木外相はパレスチナ自治政府のマルキ外相と電話協議した

茂木敏充外相は27日、パレスチナ自治政府のマルキ外相と電話で会談した。イスラエルによる空爆で破壊されたパレスチナ自治区ガザへの緊急支援や復興に向け、日本政府として積極的な役割を果たすと伝えた。

イスラエルとイスラム組織ハマスの停戦を継続させるため、緊張緩和に努めるよう要請。マルキ氏は「停戦維持を含め、中東の和平と安定に最大限努力する」と応じた。

茂木氏は26日にイスラエルのアシュケナジ外相とも電話会談を行い、停戦の継続を求めた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン