/

この記事は会員限定です

「敵基地攻撃」争点に 自民・維新が前向き

衆院選2021 各党公約を読む

[有料会員限定]

公示日に北朝鮮がミサイル発射

衆院選の公示日にあたる19日、北朝鮮が新型ミサイルを発射した。相手の発射拠点をたたく「敵基地攻撃能力」の保有を含めた外交・安全保障政策が争点に浮上した。

自民党は公約に「相手領域内で弾道ミサイル等を阻止する能力の保有を含めて抑止力を向上させる」と記した。岸田文雄首相は敵基地攻撃能力の保有が選択肢になるとの考えを示した。

2017年衆院選や19年参院選の公約にはなか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り387文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン