/

この記事は会員限定です

潜在看護師4200人、ワクチン研修終了 自治体の打ち手に

厚労省、通知で活用を呼びかけ

[有料会員限定]

厚生労働省は新型コロナウイルスのワクチン接種で、自治体に対して医師や看護師の人手が不足する場合に、厚労省や看護協会などが運営する求人サービスを利用するよう通知した。全国で約4200人の離職中の潜在看護師が勤務可能な状況という。高齢者の接種を7月末までに終える目標を達成するため、自治体の人材確保を後押しする。

厚労省が26日付の事務連絡で自治体に通知した。自治体が設ける接種会場では医療従事者の確保が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り447文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン