/

この記事は会員限定です

「穴になりかねない」 ネットデータ保護、改正法に弱点

混迷 デジタル広告(4)

[有料会員限定]

サイト閲覧などの履歴データの活用に一定の規律を設ける改正個人情報保護法。4月の施行を前に個人情報保護委員会はある問題に悩まされていた。発端は2021年末、改正法に弱点があるかもしれないとの意見を国立情報学研究所教授の佐藤一郎らデータ保護の専門家などが寄せたことだった。

「大きな穴になりかねない」と佐藤らが指摘したのは、個人を特定できないよう加工したデータをマーケティングなどに活用できる新たな仕組...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り738文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン