/

この記事は会員限定です

余剰ワクチン接種、64歳以下も 自治体など前倒しの動き

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

医療従事者と高齢者を優先してきた新型コロナウイルスワクチンの接種を64歳以下にも広げる動きが出てきた。予約のキャンセルなどで急きょ余った分を廃棄せずに、有効活用する。国から市区町村の現場への供給量は今後さらに増える見通しだ。確保したワクチンを無駄なく希望者に行き渡らせる仕組みづくりが重要になる。

東京都内の医療法人社団ナイズは14日から、余ったワクチンの接種を希望する人の受け付けをインターネットで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り658文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン