/

首相、暗号資産の税制改正に意欲 国民・玉木氏が要求

岸田文雄首相は27日、国会内で国民民主党の玉木雄一郎代表と面会した。暗号資産(仮想通貨)に関わる税制改正に前向きな姿勢を示した。

玉木氏は暗号資産の仕組みでもあるブロックチェーン(分散型台帳)技術を使った「Web3」(ウェブスリー)分野の税制の整備を求めた。首相は「Web3はやりましょう」と述べた。

玉木氏は減税を要求していた。首相は衆院本会議で2022年度補正予算案が可決した後、国民民主へあいさつに訪れた際に言及した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン