/

日英外相、戦闘機の共同開発へ協議 安保協力を推進

林芳正外相は27日、外務省で英国のクレバリー外相と会談した。戦闘機の共同開発の合意を目指し、政府間の協議を進める方針で一致した。対中国を念頭に日英で安全保障の協力を強化する。

日本は航空自衛隊のF2戦闘機の後継になる次期戦闘機を2035年をめどに導入する。英国が新たに開発する戦闘機と共通の機体にする計画がある。

林氏は会談で「英国との関係はかつてないほど緊密だ」と述べた。クレバリー氏は27日の安倍晋三元首相の国葬に参列するため来日した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン