/

この記事は会員限定です

岸田政権3カ月、面会最多は木原氏 経済対策など調整

(更新) [有料会員限定]

岸田文雄首相は4日、就任から3カ月を迎える。首相の面会相手をみると、新型コロナウイルス対策や経済対策、外交・安全保障政策で関係閣僚や官僚とのやり取りに執務時間を割いた姿が浮かび上がる。最多は木原誠二官房副長官で、首相の側近として看板政策の調整に取り組んだ。

首相は3日放送の文化放送番組で就任3カ月の感想を聞かれた。「絶えず難しい課題に直面し、スピード感を持って判断しなければいけない」と答えた。「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1075文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン