/

コロナ検査キットの薬局販売解禁 厚労省、薬剤師が説明

think!多様な観点からニュースを考える

厚生労働省は27日、新型コロナウイルスの感染の有無を調べる「抗原検査キット」の調剤薬局での販売を解禁した。薬剤師が使い方や検査結果が出た場合の対応を説明した上で販売を認める。自宅などで手軽に検査できるようにし、感染者の早期発見につなげる狙いだ。

厚労省は抗原検査キットの薬局販売を解禁した(ロシュ・ダイアグノスティックス提供)

検査キットは未承認の製品が「研究用」として市販されていたが、性能が保証された医療用の製品はなかった。同日、特例として薬局で市販できるように厚労省が都道府県などに通知した。対象となるのは承認済みの15製品で、全国約6万店の薬局が扱えるようになる。

購入にあたって処方箋は不要だが、薬局で薬剤師から説明を受ける必要がある。抗原検査キットはPCR検査と比べてウイルス量が十分でなければ正しく判定できないため、症状がある人に使うのが前提となる。結果が陽性だった場合には医療機関を受診してもらう。陰性だった場合も症状があれば受診してもらい、マスク着用など感染対策を続けることを求める。

既に症状が出ている場合は医療機関を受診することが原則だ。厚労省の担当者は「症状がない状況で薬局に買いに来てもらい、家に買い置きしておいてもらうことになる」と説明した。

自分で鼻の穴に綿棒を差し込んで検体を採取して検査する。15~30分程度で結果が出る。薬局は販売時に消費者がこうした内容を理解したことを確認し、署名を求める。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン