/

放送法改正案、今国会成立を見送り 与野党が合意

NHK受信料の引き下げにつながる放送法改正案はいったん廃案になる

自民党の森山裕国会対策委員長は27日、立憲民主党の安住淳国対委員長と国会内で会談し、放送法改正案の今国会成立を見送ることで合意した。放送法に基づく外資規制に違反していた企業や、総務省幹部の接待問題が表面化し、野党が審議入りに反発してきた。

同改正案はNHK受信料の引き下げにつなげる仕組みを設ける内容だ。いったん廃案にし、外資規制の見直しを盛り込んだ上で次の国会に再提出する方向で調整する。

与党は今国会での成立を目指してきた。森山氏は会談後、記者団に「会期の日程から考えても今国会は無理だ。外資規制などについて政府から報告もまだ受けていない」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン