/

この記事は会員限定です

データセンター、地方立地へ優遇策検討 全国で高速通信

[有料会員限定]

経済産業省は5Gなどで急増する通信量に対応できるデジタルインフラを全国で構築するため、データセンター(DC)の地方立地を促す優遇策を検討する。現状は東京近郊と大阪に8割が集まっており、地方では通信に遅延が生じやすい。災害への対応力も高めつつ、地方で高速通信を安定させるために分散を進める。

27日夜に開いた半導体やデジタル産業の戦略について話し合う有識者検討会で提案した。5月をめどにとりまとめる戦略...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り334文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン