/

この記事は会員限定です

テレワーク利用料も助成 厚労省、中小企業の導入後押し

[有料会員限定]

厚生労働省は中小企業向けのテレワーク助成を拡充した。機器の導入費などに加え、サービスの利用料も対象にした。新型コロナウイルス対策でテレワークは大企業を中心に普及が進んだ。取り組みが遅れていた中小への支援を強化し、人材の確保や働き方の多様化を後押しする。

これまでテレワーク向けの人材確保等支援助成金は就業規則の作成・変更、専門家によるコンサルティング、通信機器の導入・運用などの経費を対象としていた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り309文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン