/

この記事は会員限定です

指定難病、5疾病追加を了承 厚労省検討委

[有料会員限定]

厚生労働省の検討委員会は27日、医療費助成の対象となる「指定難病」に5疾病を追加することを了承した。このほか1疾病を既存の指定難病に含める。今後、一般から意見を募ったうえで正式に決定する。

新たに指定難病となるのは、家族性低βリポタンパク血症1(ホモ接合体)、進行性家族性肝内胆汁うっ滞症、ネフロン癆(ろう)、脳クレアチン欠乏症候群、ホモシス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り168文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン