/

予定の音声流れず 天皇陛下の開会宣言、組織委が陳謝

東京五輪の開会式(23日、東京都新宿区の国立競技場)

東京五輪・パラリンピック組織委員会の高谷正哲スポークスパーソンは27日、五輪開会式で天皇陛下の開会宣言の途中で菅義偉首相が椅子から立ち上がったことに関し、事前に予定されていた起立を促す場内アナウンスが流れなかったことを明らかにした。

東京都内で記者団に「関係者に混乱が生じ、申し訳ない」と述べ、陳謝した。

高谷氏によると、天皇陛下の前にスピーチした国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が最後に天皇陛下に開会宣言を求めたため、アナウンスを流すタイミングを失ったという。

23日の開会式では、大会名誉総裁を務める天皇陛下が開会宣言を述べられる途中で、小池百合子東京都知事、続いて首相が立ち上がる姿がテレビで中継された。インターネット上などで批判が出ていた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン