/

この記事は会員限定です

公明、世代交代探る 次期代表に石井氏有力

主要ポストを歴任

[有料会員限定]

公明党の次期代表に石井啓一幹事長の就任が有力となった。山口那津男代表が任期満了を迎える9月が交代の一つのタイミングとなる。今夏で70歳になる山口氏から64歳の石井氏へ若返りを進める。世代交代を推進し、党勢回復を軌道に乗せる重責を担う。

2009年の山口氏の代表就任は緊急登板の色合いが濃かった。自民党と連立を組み、麻生政権で臨んだ同年衆院選で当時の太田昭宏代表や北側一雄幹事長ら全8小選挙区の候補が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り619文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン