/

富士通製ツール情報漏洩、官房長官「追加事例ない」

記者会見する加藤官房長官(27日午前、首相官邸)

加藤勝信官房長官は27日の記者会見で、富士通の情報共有ツールへの不正アクセスで内閣官房など政府の情報が漏れていた問題で「他の機関で重要な情報が漏洩したとの報告は受けていない」と語った。

内閣官房の内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)、外務省、国土交通省の情報が漏れていたことが26日判明した。政府のシステムへの不正アクセスは確認されていない。

加藤氏は「原因などの報告を踏まえ必要な対策を講じる」と話した。「情報漏洩を確認した場合は速やかに連絡するよう、富士通に求めている」とも述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン