/

岸田首相、金融所得課税の議論「終わったわけではない」

岸田文雄首相は27日の衆院予算委員会で、金融所得課税に関し「決して(議論が)終わったわけではない」と話した。「与党や自民党の税制調査会でも一つの課題として議論が続いている」と強調した。「金融所得課税がどうあるべきか、しっかり結論を出していきたい」と述べた。

日本維新の会の藤田文武幹事長に答弁した。首相は規制緩和の必要性にも言及した。「大きな方向性をしっかり示すためにさまざまな規制改革、あるいは税制を考えていかなければいけない」と主張した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン