/

皇室制度担当の調整総括官に山崎氏 内閣官房参与を兼務

政府は27日、9月1日付で内閣府事務次官を退任する山崎重孝氏を新設する皇室制度連絡調整総括官に充てる人事を決めた。発令は同月2日付。内閣官房参与にも就任する。安定的な皇位継承の政策立案を担当する。

山崎氏は総務省出身で同省自治行政局長や内閣総務官などを歴任した。2018年から皇位継承式典事務局長を務め、19年の上皇さまの天皇退位と天皇陛下の即位に伴う一連の儀式に携わった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン