/

ポスト岸田に重ねて意欲 茂木氏、地元会合で

自民党の茂木敏充幹事長(衆院栃木5区)は27日、宇都宮市で開いた会合で「ポスト岸田」に重ねて意欲を示した。地元支援者から「次は首相に」などといったあいさつが相次いだのを受け「いずれかのタイミングで皆さんの期待に応えていかなければならない。その思いを改めて強くした」と語った。

同時に「今は幹事長として岸田文雄政権を真ん中で支える立場だ。職務を全うしたい」と強調した。会合は幹事長就任を祝うために開かれ、約600人が集まった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン