/

自公維、国民投票法改正案を衆院提出

自民、公明、日本維新の会の3党は27日、憲法改正の手続きに関する国民投票法改正案を衆院に提出した。衆院会派「有志の会」も共同提出に加わった。投開票の立会人などに関する規定を公職選挙法にそろえる内容だ。立憲民主党が主張するCM規制は含まない。

参院憲法審査会の与党筆頭幹事を務める自民党の石井準一氏は同日、同改正案について「今は憲法審を動かすことが大事だ。参院はこだわる必要はない」と述べた。「衆院どまりになるのではないか」との見方を示した。審査会後、記者団に語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン