/

北海道の感染拡大、官房長官「危機感を共有」

加藤勝信官房長官は27日の記者会見で、北海道へのまん延防止等重点措置の適用について「感染が拡大しているとの危機感を北海道と共有している」と述べた。連休後の検査数や重症者数の推移などを分析し「道と緊密に連携し、必要な対応を講じる」と語った。

 記者会見する加藤官房長官(27日午前、首相官邸)=共同

北海道の鈴木直道知事は26日、政府に重点措置を適用するよう要請した。加藤氏は西村康稔経済財政・再生相と鈴木氏の間で「対策の強化について意見交換している」と説明した。病床の確保や飲食店への営業時間の短縮要請などを検討している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン