/

新500円硬貨、11月に発行 コロナ影響で遅れ

新500円硬貨は11月をめどに発行する

麻生太郎財務相は27日の閣議後の記者会見で、新しい500円硬貨を発行する時期が今年11月になると発表した。もともとは2021年度の上半期に発行する予定だったが、新型コロナウイルスの影響で事業者の機器改修などが遅れ、発行を延期すると1月に公表していた。

財務省は改めてATMや券売機などの機器の改修状況を聞き取り、残り半年程度で事業者の対応が可能だと判断した。ATMは8~9割、鉄道の券売機は7~8割が更新を終えたという。

21年度はまず2億枚を製造する見込みだ。現行の500円硬貨は50億枚ほど流通している。

500円硬貨が刷新されると3代目となる。新硬貨は白銅や銅などを用いて2色構造になり、最新の偽造対策が施される。現行の500円硬貨は新硬貨の発行後も使用できる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン