/

副首都へ機能配備検討を、地震や感染症に備え自民特命委

自民党の特命委は官房長官に首都機能の分散についての提言を渡した

自民党の社会機能移転分散型国づくり特命委員会の古屋圭司委員長らは27日、首相官邸で加藤勝信官房長官に会った。首都機能の地方への分散を求める提言を渡した。首都直下地震や感染症に備え「副首都や第3首都への機能配備の在り方を検討する」よう強調した。

提言で「首都圏に残す機能、地方に分散する機能を整理する」と指摘し、担当閣僚を設けるべきだと訴えた。

国会を巡ってはオンラインで出席や議決ができるよう、憲法が規定する「出席」の概念について議論を深める必要性を主張した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン