/

この記事は会員限定です

沖縄の酒税軽減を段階廃止へ 本土復帰50年、自立促す

[有料会員限定]

政府・与党は沖縄県産酒類の酒税軽減措置の廃止を調整する。ビールと泡盛についてそれぞれ段階的に本土と同じ税率に近づける。2022年に沖縄が本土復帰から50年を迎える。優遇をなくして県の酒造産業の自立的な発展を促す。

現在は沖縄県の酒蔵やメーカーが県内向けに出荷する泡盛にかかる酒税を35%、ビールなどその他の酒は20%減らしている。アルコール分30%の泡盛1合瓶(180ミリリットル)で19円、350ミ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り430文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン