/

この記事は会員限定です

「COP27、途上国支援実現を」国際再エネ機関事務局長

国際再生可能エネルギー機関 フランチェスコ・ラ・カメラ氏

[有料会員限定]

国際再生可能エネルギー機関(IRENA)のフランチェスコ・ラ・カメラ事務局長は日本経済新聞のインタビューに応じた。ロシアのウクライナ侵攻で短期的に温暖化ガス削減に悪影響が出るものの、中長期的には再生エネの普及拡大が進むと強調した。11月の第27回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP27)では途上国支援実現がカギになると指摘した。

――ウクライナ危機で気候変動対策の世界の結束が乱れている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り904文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

ウクライナ侵攻

2022年2月、ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません