/

水際対策強化、アフリカ3カ国を追加 首相発表

岸田文雄首相は27日、アフリカのモザンビーク、マラウイ、ザンビアを対象に水際対策を強めると発表した。28日午前0時からの適用となり、検疫所が用意した施設で10日間の待機を求める。同様の制限をとる対象は計9カ国となる。

新型コロナウイルスの新たな変異ウイルスが南アフリカで見つかったのを受けた措置で、日本政府は国内への流入の阻止を急ぐ。入国者には施設で待機後も自宅などでの滞在を求め、最長14日間は原則として外出を認めない。

首相は記者団に「政府として強い危機感を持って臨んでいる。水際対策をしっかりしていきたい」と語った。

日本は今月8日、入国者の待機期間を最短3日間まで緩めたばかりだ。南アで発見された「オミクロン型」の脅威を踏まえて水際措置を強化する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン