/

首相「コロナ禍の大きな困難に対応」 孤独・孤立対策

岸田文雄首相は27日、都内で生活困窮者の自立支援をするNPO法人の関係者らと意見を交わした。終了後、記者団に「新型コロナウイルス禍の中で支援がより大きな困難に直面している。声をしっかり受けとめて政府として対応を考えなければいけない」と述べた。

政府は28日に孤独・孤立問題への対策について重点計画をまとめる。官民とNPOが連携して生活困窮者の支援や自殺の防止、子どもの貧困などに取り組む内容だ。

首相は記者団に「現場のニーズをしっかりと受け止め、きめ細かく対応したい」と強調した。「関係者との連携の大切さを感じた」とも話した。

視察したのは新宿区内で生活困窮者に向けた住居支援や生活相談に取り組むNPO法人。孤独・孤立対策を担う野田聖子少子化相も同席した。

生活困窮者の住居の確保が難しい状況や新型コロナ禍で自殺が増えていることも話題になった。

首相はNPO法人との対話で「住居も大切だがスマートフォンを手放すと、さらに厳しい状況に追い込まれる」と指摘した。関係者は困窮者にスマホの貸し出しをしていると説明した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン