/

官房副長官「無理ない範囲で節電を」 電力逼迫注意報で

磯崎仁彦官房副長官は27日の記者会見で、電力需給逼迫注意報の発令に関して節電を呼びかけた。「使っていない照明を消すなど無理のない範囲で節電、省エネへのご協力をお願いしたい」と語った。「暑い時間帯は適切に冷房を活用し熱中症にならないよう注意して」とも述べた。

経済産業省は26日、東京電力管内で27日に電力需給が厳しくなる見通しとなったのを受け初の需給逼迫注意報を発令した。27日の午後3時から午後6時の間、企業や家庭にできる限りの節電を呼びかける。

磯崎氏は節電に協力した家庭にポイントを付与する支援策の開始時期について「経産省で制度内容を検討している」と話すにとどめた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン