/

この記事は会員限定です

平時の部隊展開に制約 民間空港、有事見越した利用困難

安保法体系の死角㊦

(更新) [有料会員限定]

2016年施行の安全保障関連法で平時から有事に至るまでの対処方法は整理された。有事に至る移行期での対応や、有事を見越した平時からの備えについては依然、法体系の穴として残る。

たとえば民間航空機が使う空港の活用だ。航空自衛隊の基地が攻撃を受けて使えなくなったとき、どこの民間空港を代わりに利用するか――。防衛省幹部は米軍や国土交通省など関係省庁との机上演習で、こんなシナリオを取り入れていると明かす。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1044文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン