/

電力需給「予断許さず、節電を」 東電管内夕方に逼迫

経済産業省は27日、東京電力管内での同日午後の電力需給の見通しについて「予断を許さない状況だ」と公表した。電力の最大需要に対する供給の余力を示す午前11時時点での予備率の見通しは、同日午後4時から午後4時30分に2.8%、午後4時30分から午後5時の間に1.2%に下がるとの見通しを示した。他の電力会社からの融通を増やして対応する。

同省は26日に初めての需給逼迫注意報を発令して節電を呼びかけていた。「注意報」は予備率が5%を下回った場合に出し、「警報」は3%を下回った場合を目安にする。夕方には3%を下回るが、電力の融通などの追加対策などを取ることを踏まえて注意報を維持した。突発的な電源トラブルなどで需給がさらに逼迫する見通しになれば、警報を発令する可能性もあるという。

同省は注意報を発令した26日午後4時時点で、予備率が27日夕方に5%を下回ると見通していた。昼間は太陽光の発電量が大きく供給の余力は確保できる。日が傾いて太陽光の稼働率が落ち、気温が下がりきらない午後4時台は冷房などの需要が減らず需給が逼迫しやすい。

経産省の担当者は「気温が上がり需要が昨日時点の予想より多めに推移している。需給は厳しくなっている」と語った。特に午後4時から午後5時の間に節電に取り組むよう、企業や家庭に呼びかけた。「熱中症にならないよう十分注意しつつ、照明の間引きや使っていない機器の電源を切るなど、無理のない範囲でできる限りの節電をお願いする」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン