/

ワクチン接種に自衛隊 都内で5月24日に会場開設

think!多様な観点からニュースを考える

岸信夫防衛相は27日の閣議後の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場を都内で5月24日に開設すると発表した。自衛隊が会場を運営し、接種などの医療行為には医師・看護師の資格を持つ自衛官が対応する。大阪府でも支援を検討する。

菅義偉首相が27日の閣議の後、自衛隊による大規模接種を準備するよう岸氏に指示した。「医官や看護官による組織的活動が可能な唯一の国の組織である自衛隊に運営してもらいたい」と要請した。都内の会場は東京・大手町に3カ月間設ける予定だ。

岸氏は同日午後に防衛省で対策会議を開き、医官らの派遣人数や会場の規模などを詰める。会見で「できる限り努力して対策をやっていきたい」と強調した。

国が運営する接種会場は初めて。都内在住者や在勤者の利用を想定する。接種を担う医療従事者の不足を補う。海外では軍がワクチンの担い手になっている例がある。

河野太郎規制改革相は同日の閣議後の会見で、大規模会場では米製薬大手ファイザー以外のワクチンを使う方針を示した。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン