/

副作用時の市販薬成分、イブプロフェンなど厚労省公表

厚生労働省は新型コロナウイルスのワクチン接種後に発熱や痛みなどの副作用が出た人が使える市販の解熱鎮痛薬の成分を公表した。低年齢や妊娠中・授乳中でも内服できる「アセトアミノフェン」のほか、非ステロイド性抗炎症薬とよばれる「イブプロフェン」や「ロキソプロフェン」を挙げた。

厚労省のウェブサイト「新型コロナワクチンQ&A」などで公表した。発熱や痛みの副作用に市販の解熱鎮痛剤で対応できるとして具体的な成分を紹介した。

他の薬を内服している人や妊婦、高齢者、症状が重い人らは主治医や薬剤師に相談するように勧めた。症状が出る前に予防的に繰り返し市販薬を使うことは推奨されていないとも説明した。

副作用への対応を巡っては、アセトアミノフェンを含む市販薬が全国の薬局で品薄になっていた。こうした状況を踏まえ、厚労省はそのほかの成分の市販薬も含める形で見解を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン