/

児童虐待、初の20万件超 20年度

厚生労働省は27日、2020年度に全国の児童相談所が対応した児童虐待の相談件数が20万5029件だったと発表した。1990年度の統計開始以来、一貫して増え続けており、初めて20万件を超えた。警察との連携の強化で集まる情報が増えている。

内訳は心理的虐待が12万1325件で6割を占めた。身体的虐待(24%)やネグレクト(育児放棄、15%)と比べても突出して多い。

相談件数は15年度からの5年間で約2倍に増えた。虐待死事件などをきっかけに警察と児相の連携体制が構築され、情報提供量が飛躍的に増えた。20年度は5割が警察などからの情報提供だった。「隣の家から怒鳴り声が聞こえる」という通報をもとにドメスティックバイオレンス(DV)が発覚するケースもある。

新型コロナウイルスの感染拡大については「(児童虐待と)明確な関連性はみられない」という。件数が感染拡大期に横ばいだったり、感染者数が少ない時期に増加したりした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン