/

この記事は会員限定です

東電管内の「注意報」は30日で解除 早い猛暑で電力逼迫

(更新) [有料会員限定]

経済産業省は30日、東京電力ホールディングス(HD)管内で電力不足に陥る可能性があるとして発令していた「需給逼迫注意報」を同日午後6時で解除した。なぜ電力が不足する懸念が高まったのか。3つのポイントで解説する。

電力逼迫注意報とは? なぜ東電管内で逼迫したのか
どういった節電が求められるのか?
安定的な電力供給には何が必要なのか?

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1532文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ニュースの意味や背景を理解するためのポイントをいちからわかりやすく解説し、その後の展開を見通します。欧米メディアでは「エクスプレイナー」と呼ばれる解説コンテンツです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン